スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2012年F1ハンガリーGP決勝

F1夏休み前の最後のレース。
事前の予報では、日曜決勝は雨の予報でしたが、
見事に外れて晴れとなりました。
抜きにくいコースということも有り、
少し退屈なパレードだったかなと。

先週のドイツGPに引き続き、今週もまた
残り20周ぐらいから記憶があやふやになり
うたた寝をしてしまっていました。
何でやろ…。

●マクラーレン

ハミルトンが優勝、これで2勝目。
マシンの出来も良かったですね。
ハミルトンは予選が上手いので、ポールを取れば
先頭単独走行でタイヤにも優しいですし、
後半戦の巻き返しに注目です。

ランキングも4番手まで浮上、対ALOで47ポイント差。
マクラーレンはチームオーダー出すでしょうか。
そのあたりも注目したいと思います。

バトンは6位入賞。
うたた寝のせいか、あまり記憶に残ってません…。

●ロータス

ライコネンが2位表彰台。
ランキング順位は落ちましたが、対ALOでは
ポイント差をつめることが出来ました。

ロータスの車が良いですね。
どのコースでも速く、タイヤも持つ。
今シーズンでは、一番良いマシンかなと
思うのですがいかがでしょうか。

グロージャンは3位表彰台。
最初はついて行けていて優勝争いも?と
思っていましたが、途中から脱落。

予選のグロージャン、決勝のライコネン。
この辺りは経験の差でしょうか。
ランキングのポイントは、丁度マクラーレンと
ほぼ同じ関係になっています。
グロージャンがサポートに回れば、ライコネンの
チャンピオン争いも有利になりそうですが、
どうするでしょうか。

●レッドブル

ベッテル4位入賞、ウェバー8位入賞。
うたた寝のせいか、あまり記憶に残ってません…。

夏休みで何か変わったことしてくるでしょうか。
ただ、レッドブルはFIAから目を付けられているので、
難しいとは思いますが。

●フェラーリ

アロンソ5位入賞、マッサ9位入賞。

アロンソの5位は、ここで望みうる最高の結果かなと。
予選・決勝ともにドライだとフェラーリは
3,4番手ぐらいのマシンだと改めて認識。
チャンピオン争いは後半も厳しそう。

コンストは、確かドイツGP終了時点では2位だったと
思うのですが、ついに4位に落ちました。
マッサの復調が望まれます。

●ザウバー

ペレス14位圏外、小林18位リタイア。

予選も決勝も遅かったですね。
ドイツGPは最速マシンと言っても良い状態だったのに、
この落差はちょっと悲しい…。

小林がスタートでベルニュに寄せられて19番手まで順位を
落としましたが戦略で15位まで戻せたのは良かった。
リタイアはギアボックス交換の為の戦略的なものかなと。

●それ以外のチーム

セナが7位入賞。
ちょっと気になったので、初戦からの順位を。
16,6,7,22,DNF,10,17,11,9,17,7 でした。
大体2戦に1回は入賞してるのか。
チームメイトのマルドナドは1勝したものの、
ポイント差は5しかない。
ここのチームメイト同士の争いも後半楽しみ。

ピックが20位。
最近、予選もグロック相手にも勝つ様になってきた印象。
地味に注目しています。
スポンサーサイト
[ 2012/07/30 21:00 ] F1 | TB(0) | CM(0)

2012年F1ドイツGP決勝

今年はホッケンハイム開催年のドイツGP。
お金の関係でニュルブルクリンクとの
隔年交互開催なのですがニュル破産により、
今後はどうなるのでしょうか、少し心配。

予選は雨で皆ツルツルと滑ってましたね。
決勝は晴れで、割と見ごたえのあるレースの
はずだったのですが、何故か残り20周ぐらいから
記憶があやふやになりゴールやインタビュー時は
完全にうたた寝状態だったため、簡易感想で。

●フェラーリ

アロンソがポールトゥウィンで3勝目!
ランキングでも2位ウェバーを突き放して
34ポイント差となりました。
今年は本当に「強い」印象が増しています。

ホッケンハイムといえば2010年の
「Fernando is faster than you」です。
マッサには気の毒ですが、当時も支持しました。
今年もここまでくるとチームオーダー有りでしょう。

ライバルとなるレッドブルやマクラーレンは
ドライバー同士でポイントを食い合いますし、
今季チャンピオン最有力でしょう。
開幕時から考えると信じられないです。

マッサは最近の良い流れに乗れず。
夏休み前には調子を戻したいところですね。

●マクラーレン

バトンがレースでは3位表彰台、ベッテルの降格により、
最終結果としては2位となりました。
これを機に復調すると面白いのですが、
すでに首位アロンソとはダブルスコア。
夏休み明けに連勝でもしないと厳しいですね。

ハミルトンはリタイア。
いろんな意味でこのレースの見所はこの人でした。

ラップされた状態でも上位と同じラップタイムで
走行できるなら青旗気にせずに上位をオーバーテイクしても
大丈夫と言う事はあまり知りませんでした。

上手いことアロンソの支援をしたというか。
インタビューなどから、ハミルトンはベッテルの事を
少し馬鹿にしているという感じはありましたので、
あの動きには納得してしまいました。

●レッドブル

ベッテルはレースで2位表彰台でしたが、
バトンへのオーバーテイク時に4輪全部が
コース外だった為に20秒の加算で5位に。

そのシーンは寝ていて見ていなかったのですが、
動画で見たらしょうがないなぁという感じでした。
今年前半で、ロズベルグがアロンソとハミルトンに
対してやったことで明文化されていましたからね。
焦らずにバトンに一度譲って再度抜かせるように、
チーム側も指示すれば良かったのに。

ウェバーはあまり記憶に残ってません…。
8位でなんとかランキング2位を守りました。

レッドブルはチームとして決勝前に
エンジンマップについて調査が入りました。
結果として規約には抵触せず違反なし。
グレーゾーンをつくのが上手いですねぇ。
これがメリットになるようでしたら、
夏休みに他チームも開発するのでしょうか。

●ザウバー

小林はレース5位の、最終結果4位!
自己ベストとなりました。
夏休み前に景気の良い結果を残せて嬉しい。

途中で何度もファステストを出してました。
オプションでもプライムでも車は良さそう。
予選さえQ3残ってシングルグリッドになれば
表彰台争いが普通にできる車だと改めて分かりました。

ただ、実際に争うとなるとチーム力の差で
色々難しいなぁと思います。
予選・決勝の戦略面を安定させて、ピット作業も
せめて3秒台に入るようにしないと…。

ペレスも6位入賞。
このまま2人でポイントを取っていくと、
コンスト5位も夢ではないと思います。

ザウバーとフォルクスワーゲンと提携の
噂がでてきてますね。
ペーターおじいちゃんが退く良い機会に
なると思いますがどうでしょうか。

●それ以外のチーム

ライコネンがレース4位の最終3位。
復帰後に何度も表彰台のってるので、
そろそろ勝ちが欲しいですねぇ。
予選さえ上位に行けば勝てそうな気もしますが。

シューミ7位。
スタートすぐにベッテルに仕掛けて行ったので、
優勝争いできるかと思ったら、たれてしまいました。
見せ場は作れましたが。
[ 2012/07/23 22:29 ] F1 | TB(0) | CM(0)

2012年F1イギリスGP決勝

FPはほとんど雨で、予選はQ2中断するぐらいの大雨で、
決勝も雨の予報だったので荒れるかと思いましたが。
いざレースとなると晴れで普通のレースになりました。

●レッドブル

ウェバーが優勝今季2勝目。
ランキングトップのアロンソとの差を詰めました。

見てる途中では、解説でもあったようにアロンソに
届くとは考えていなかったのですが、
きっちりと捕らえて抜いていきましたね。

アロンソとウェバーのバトルは見ていて
安心しますし楽しめますね。
何年前か忘れましたが、スパのオールージュで
並んで走っていたのを覚えています。

ベッテルは3位表彰台、ランキングも3番手に浮上。
表彰台で国家が流れている時に、前のおっちゃんに
ピレリ帽子を乗せようとしたり、ウェバーに
インタビューしているサー・ジャッキー・スチュワートに
シャンパンかけたりと相変わらず。
そういうところ好きです。

●フェラーリ

アロンソが2位表彰台。
久々のポールを獲ったので、そのまま勝てるかと
思いましたが、残念でした。
でもランキングでの傷は最小限。

第1スティントのハードを引っ張っていれば…
というのは、悔やんでも仕方ないですね。
今シーズン残りはレッドブルとフェラーリの争いに
なっていきそうな気がするので楽しみです。

マッサは4位入賞。
ベッテルとの差はありましたが、表彰台まで
あと一歩と残念でした。
絶不調からは立ち直ってきたかな?
この調子だと表彰台に戻るのは可能ですね。

●ロータス

ライコネン5位入賞、グロージャン6位入賞。
ロータスの車は、見ていても安定感がありますね。
今季中の1勝はできるような気がしますが、
それはどちらのドライバーになるかな?

●メルセデス

シューミ7位入賞。
序盤は表彰台争いも期待してたんですが、
気付けばズルズルと後退してましたね。

ロズベルグ15位。
今回は下位に沈んで空気でした。
セッティングの問題?

●マクラーレン

ハミルトン8位入賞。
ハードタイヤに苦しんでますねぇ。
車の方も、レッドブルやフェラーリに加え
ロータスにも少し遅れを取っている感が。
後半盛り返すマクラーレンらしく、
ここは踏ん張って欲しいところ。

バトン10位入賞。
小林のミスで入賞できたものの、まだ不調ですね。
まだ11戦残っているとはいえ、このままだと厳しい。

●ウィリアムズ

セナ9位入賞。
色々と危なっかしいのですが、割とこつこつと
入賞して結果残してきてますね。

マルドナド16位圏外。
ペレスとの接触は、見ていて「またか」と…。
1勝したし予選では速いので、もったいないですね。
レース後審議のはずですが、どうなるでしょうか。

●ザウバー

小林11位圏外。
グリッド降格もあって17番手スタートから、
8位ぐらい争えるかなと楽しみに見てたのですが。
自身のミスでピットでクルーを轢いてタイムロス。

いつもザウバーのピットが遅かったり、戦略面で
失敗が多く、昨日の予選でもタイヤのミスがあり。
チームに足を引っ張られている現状ですが、
今回はチームに謝らないとダメですね。
轢かれたクルーが無事だと良いのですが。

ペレスはマルドナドに撃墜されてリタイヤ。
ペースも良かっただけに残念です。
[ 2012/07/08 23:40 ] F1 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。