スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

F1 2014年ドライバー予想

本日がF1 2013年の最終戦。
2014年はレギュレーションが大きく変わる中、
シート争いが興味深い状況になっています。
現在の状況をまとめるためにも、既に確定したシートと
獲得が予想されるドライバーを書いてみました。

太字は確定したドライバー。
太い赤字は確定かつ移籍してきたドライバー。
太いマゼンタは確定かつ新人のドライバー。
青字は個人的に有力だと思っている予想。
チーム名の横のカッコ内はエンジン。

- - - - - -

●レッドブル(ルノー)
セバスチャン・ベッテル
ダニエル・リカルド

●メルセデス(メルセデス)
ニコ・ロズベルグ
ルイス・ハミルトン

●フェラーリ(フェラーリ)
フェルナンド・アロンソ
キミ・ライコネン

●ロータス(ルノー?)
ロマン・グロージャン
パストール・マルドナド
ニコ・ヒュルケンベルグ

●マクラーレン(メルセデス)
ジェンソン・バトン
ケビン・マグヌッセン

●フォース・インディア(メルセデス)
エイドリアン・スーティル
ニコ・ヒュルケンベルグ
セルジオ・ペレス
ポール・ディ・レスタ

●ザウバー(フェラーリ)
エステバン・グティエレス
セルゲイ・シロトキン
ニコ・ヒュルケンベルグ
パストール・マルドナド
セルジオ・ペレス

●トロ・ロッソ(ルノー)
ジャン-エリック・ベルニュ
ダニール・クビアト

●ウィリアムズ(メルセデス)
ヴァルテリ・ボッタス
フェリペ・マッサ

●マルシャ(フェラーリ)
ジュール・ビアンキ
マックス・チルトン
ストフェル・ヴァンドールン
      
●ケータハム(ルノー)
シャルル・ピック
ヘイキ・コバライネン
ギド・ヴァン・デル・ガルデ

- - - - - -

こうして見ると、メルセデス以外のチームは
どちらか1人のシートが今年と異なるようになったか
これからなりそうな状況ですね。

そして現在確定している新人は2人。
マグヌッセンはマクラーレン育成でFR3.5チャンピオン。
クビアトはレッドブル育成でGP3チャンピオン。
どちらもいわゆる「ペイドライバー」では無いので、
何処までできるかが楽しみ。
真っ先に確定しそうだったシロトキンは、
ザウバーから離脱の噂もあり微妙なところ。

ロータスは噂のカンタムとの合意が確定せず。
ブーリエは合意間近と言い続けていますが、
もう無理なのではないでしょうか。
来季のエンジンもルノーを継続だろうという記事は
あるものの確定には至っていないようで。
下手したらチーム売却なんて事にも…。

フォース・インディアは残されたシートの中では
エンジンも含めて最上位の競争力になると予想されます。
財政状況についても、過去に何度も悪い記事が出てますが
なんとかなっている印象があります。
チームの方も年内一杯まで熟考すると言っていますし、
チームが選びたい放題ではないでしょうか。

ザウバーは全く分かりません。
こちらもロータスと同じく財政状況が怪しい。
夏頃はロシアのシロトキンを乗せて大金獲得なんて
流れになっていましたが最近音沙汰なし。
グティエレスは残留だと思っているのですが、
成長してきているもののヒュルケンベルグとの
差がまだまだあるし、ファーストドライバーとしては
2年目の可夢偉と比べても頼りない印象が…。

マルシャはビアンキ確定なもののもう一人が不明。
ここはペイドライバーを取っ替え引っ替えする印象なので、
チルトンの残留はどうなるのか分かりません。
エンジン周りはフェラーリで技術提携も締結したものの、
マクラーレンとも技術提携を継続していくとのことで、
マクラーレン育成のストフェル・ヴァンドールンかも。

ケータハムは、去年の記事を見るとピックは
複数年契約って事になっていますが、最近の記事では
どちらも確定していないと言うような情報も。
1年+1年チーム側のオプションだったのでしょうか。
シーズン中盤からヴァン・デル・ガルデに負けることも増えた印象。
コバライネンはチームに長くいるし経験もあるので、
2014年という大きく変わる状況では再度レギュラーに
戻れるのではないかと思います。

- - - - - -

参考:F1通信「2014年F1ドライバー・ラインアップ予想」
参考:AUTOWEEK
スポンサーサイト
[ 2013/11/24 09:57 ] F1 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。