スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2011年F1アブダビGP決勝

見事なスタートで1コーナー出口で数車身離し、
今回も単独走行でTVに映らないのかと思った直後、
右リアがパンクしてコースアウト。
ピットに戻ったものの、修復不可となり、
ヴェッテルのアブダビGPは1周目で終わりました。
これで年間最多勝の更新は無くなりました。

ここしばらく、マッサとのトラブル続きなどで
なにかと批判されることの多かったハミルトン。
ヴェッテルとのバトルが見たかったので、
そこは残念でしたが危なげない走りで優勝。
あれだけ笑顔になってるのを見たのは久しぶり。
これをきっかけに、またあの速いハミルトンが
戻ってきてくれれば来年が面白いです。

スタートでウェバーを抜くのは、ある程度
予想できていましたが、まさか1周目でバトンまで
抜いていくとは思っていませんでした。
最後のピットストップでHRTに引っかからず、
ストップ時間がもう少し短ければ一時は
トップに立てたかもしれませんが、
フェラーリのマシンはタイヤの温まりが悪いので、
どの道ハミルトンには抜かれていたと思います。
アロンソ2位で、全GPのトロフィー制覇おめでとう!

08、09年のルノー時代もそうでしたが、
マシンのポテンシャル以上の結果を出せる
アロンソはやっぱり凄いし、見ていて面白い。
ハミルトンとも認め合っている感じで、良い意味での
ライバル関係で盛り上げてくれたらと思います。

悪い流れを断ち切ったハミルトンとは対照的に、
マッサはまだ悪い流れのまま。
放送でも「何かを踏むキャラ」的な扱いで、
申し訳ないが笑ってしまった。
このまま表彰台無しで1年間終わってしまうのか。
最終戦の母国ブラジルGPは頑張って、
フェラーリの2人でポディウムの確保を!
マシン的にはかなり無理がありますが…。

ハミルトン同様、ようやく悪い流れを断ち切って、
貴重な1ポイントを持ち帰った小林。
ペレスやトロロッソの不運が無ければ
入賞はどうなっていたかは分かりませんが、
それは今までの小林にも言える事なので、
ここは素直に喜びたいと思います。

ブラジルGPでトロロッソに2点以上
取られない限りはコンスト7位を維持できます。
フォースインディアがこの調子を維持していれば、
通常通りだとトップ10までは埋まっているので、
なんとか逃げ切れたのではないでしょうか。

- - - - - -

ブラジルGPは、時間の関係で毎年見れないので、
ある意味では自分の今年のF1は終わりました。
来年も楽しみです。
[ 2011/11/14 00:47 ] F1 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://patrickwolf.blog41.fc2.com/tb.php/229-b3280d26








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。