スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2012年F1オーストラリアGP決勝

2012年の開幕戦決勝レース。
アルバートパークはいつも荒れてるイメージがあるので、
今回も荒れたレースになるかなとは思っていましたが、
終わってみれば最後まで走りきったのは13台。
特に中団グループは大荒れでした。

●去年の終盤のような2強。

去年の終盤のように、レッドブルとマクラーレンが
他よりも抜けた強さで競っているようですね。
今日のバトンは強かったですが、高速コーナーの
多いコースになるとレッドブルも巻き返すでしょう。
シーズン中の開発競争も楽しみです。

●「ピーキー過ぎてお前にゃ無理だよ」

アロンソ様が頑張って5位入賞。
最後のマルドナドとのバトルでは流石の走りでした。

ただ、マシン性能的には3列目とは言い辛い気もします。
予選と比べると差は減った気がしますが、単純に
「レースペースが良い」という訳でもなさそう。
本当に難しいマシンなのかなと思いました。
マッサとのタイム差が物語っている気もします。

マッサも速いマシンで波に乗ると速いんですけど、
事故からの復帰以降はマシンがそうでもないので
一段と苦労している感じ。

セナとの接触は「えー」って感じでした。
去年のハミルトンとの接触コントの再現かと…。
マッサも今年は正念場やのに。

●たなぼた。

何が起こったのか分かりませんでしたが、
タイミングアプリでKOB6と出て喜んでいました。
コメントなどを読むと、マルドナド単独クラッシュ
→ペレスとロズベルグがそれを避けながらバトル
→ペレスとロズベルグが接触、スローダウン
→小林とライコネンがそれを避けて順位UP
って流れのようですね。

まあ予選の不運や決勝序盤からリアウイング破損など
不運もありましたが、最終的には小林6位で終了。
たなぼただろうが、勝てばよかろうなのだ!
(レースに優勝したわけではないですが)

まだなんとも言えませんが、表彰台を期待するのは
流石に無理があるような気もします。
ただ今回のように荒れてくれば、たなぼたを
拾える位置にはいるんじゃないかなと。
序盤で拾えるレースは全部拾って、来年もグリッドに…。

●不運なメルセデス。

3位走行中は、もしかして復帰後初表彰台?
なんて思っていましたが、残念ながらギアの
トラブルでシューミはリタイア。
そしてロズベルグも上で書きましたが、最終ラップの
接触によりポイント圏外へ。

マシンは悪くないと思われるだけに運が無いですね。
でもそろそろロズベルグの初勝利か、シューミの
復帰後初表彰台が見たいですね。
頑張って欲しい。

●復帰組みの明暗再び。

復帰組みの中で予選で良かったグロージャンと
ヒュルケンベルグが早々に消えてしまいました。
小林視点だと助かりましたが、個人的には
この2人はもっと見たかったな。

逆に予選で失敗したライコネンは7位入賞。
小林とのバトルは見ていて楽しかったです。
あと、リアウイングの壊れた小林に対して無線で
叫んでいたのが、ちょっと新鮮でした。
確かに危ないですが。

●F1 2012 Timing app

決勝直前に、我慢しきれずに購入しました。
画面とスマフォを見比べていましたが、
放送には乗らない情報も拾えて非常に便利。
特にギャップが視覚的に分かりやすい。

価格は2400円と高いですが、1レース120円と考えると
十分元は取れるぐらい楽しめそうです。
ただ、1レース終わる頃にはスマフォの電池が
尽きそうになってますが…。
[ 2012/03/18 22:43 ] F1 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://patrickwolf.blog41.fc2.com/tb.php/234-a927ab2f








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。