スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2012年F1中国GP決勝

ピレリタイヤに振り回された感じのある中国GP決勝。
あれは中国のサーキットと気候によるものなのか、
タイヤ自体の特性なのかが分かりませんので、
次戦以降もドタバタするんでしょうか。

●初勝利!

まず最初に、ごめんなさいと言いたいと思います。
メルセデス2台はズルズル後退すると思っていましたが、
ロズベルグが去年のベッテルのごとくするすると逃げて
大きなリードを開いてのポールトゥウィン。
ロズベルグと新メルセデスの初優勝。

速さは持っていましたが、運が無くなかなか
勝利を手にする事が出来なかったロズベルグ。
もし今回のタイヤの持ちが、これからも続くなら、
今シーズンのタイトル争いにも絡める?

同じ車のシューミは、残念ながらピット作業の
ミスによるリタイアに。
メルセデスを勝てるチームにするために復帰した
シューミですから、コメントは大人な内容でしたが、
胸中は少し複雑かもしれません。

●予想通りの追い上げ。

マクラーレン勢は、予想通り追い上げてきて
ダブル表彰台を獲得。
特にハミルトンは開幕から3戦連続で表彰台、
ついにランキングでもトップになりました。

ピット後に、マッさんと接近したときは、
去年を思い出して少し冷や冷やしましたが、
何事もなく終わってよかった。

●レースペースは悪くない?

レッドブル2台が4位5位入賞。
ウェバーは開幕から3連続で4位ですね。
気付いたらこの位置にいる感じ。

予選と比べるとレースペースは悪くない感じ。
ただストレート速度がよろしくないので、
オーバーテイクがし難いようですね。
去年までの高速コーナーでのアドバンテージも
無い状態ですので、武器が無い感じ。

●入賞できただけマシ。

アロンソが9位入賞。
今の車の状態を考えると、十分な結果かと思います。
優勝がロズベルグだったお陰で、ランキングでも
3位に踏みとどまっています。

踏みとどまっているうちに、アップデートで
少しでも上位との車の差を詰めてもらいたいです。
そういう意味では、次戦バーレーンGPは
開催されないほうがアロンソにとっては良いかも。

●残念でした。

小林はスタートが悪く、1周目で7番手まで後退、
最終的にはなんとか10位入賞でした。
期待が大きかっただけに残念です。

ただ今回のザウバーは、ちゃんとまともな作戦で
上位を狙って攻めていましたね。
ピレリタイヤの謎のもちのお陰で、ベッテルから
マルドナドまでが2ストップでいけてしまったので、
結果こそ失敗になりましたが、良かったと思います。

今までは守りの作戦が多かったり、意味不明な
作戦でやきもきしましたが、それが無かった。
今回の結果が失敗だったからといって、次戦以降で
また元に戻らないようにお願いしたいものです。

ペレスはスタートが良いですね。
途中まで上位を走っていたので期待しましたが、
最終的に入賞できなかったのは残念でした。
ただ小林へのあの幅寄せは…。
チームメイトに負けたくないのは分かるが、
あれは宜しくないと思います。

●アイスとクルーザーの用意を。

2ピット勢では、ライコネンだけが崖から
コロコロと転げ落ちてしまいました。
そのままピットに呼び戻しもせず放置。
ちょっと気の毒です…。

グロージャンはようやく完走&入賞。
流石に3戦連続同じミスをすると、いくら
グラビティと言えどもマズイと思うので、
これで少しは落ち着くでしょうか。

●中団勢。

ウィリアムズが意外と良いですね。
昨日の予選は失敗だったのか、一発が
苦手なのかはまだ判断できませんが。

トロロッソとインディアは、去年終盤のような
勢いが無く沈みっぱなしですね。
特にトロロッソは新人2人なので、基準も無く
立て直しが難しいのでは。
[ 2012/04/15 22:47 ] F1 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://patrickwolf.blog41.fc2.com/tb.php/237-1bddffd5








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。