スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2012年F1スペインGP決勝

序盤こそゴタゴタはあったものの、
さまざまなポジションでバトルがあり、
見応えのあるスペインGPとなりました。

シーズン的にも、独走が無く見応えたっぷり。
終盤の王者争いが、今から楽しみ。

●5人5チーム目の勝者!

ハミルトンの予選抹消により初ポールとなり、
そのままポールトゥウィンとなったマルドナド。
フランク・ウィリアムズの誕生パーティーとも重なり、
非常におめでたい初優勝となりました。
表彰台で、2人に抱えられた光景はちょっと感動。

スタートこそアロンソに取られたものの、
アンダーカットを決めて取り返し、
タイヤマネジメントも見事でした。
チームとして復活すると面白いですね。

セナはシューミと絡んでリタイア。
あれはどちらかというとシューミに非が
ありそうな気がするので、ちょっと可哀想。

●十分な2位。

地元でアロンソが2位表彰台。
でも最後はタレタレで2位確保も危うかった。
マルドナドのアンダーカットに即反応しなかったのは、
レース中は謎な判断でしたが、終わって見ると
それなりに正解だったのかもしれません。

ランキングではベッテルと並んでトップに。
車を考えたら、十分過ぎる現状だと思います。
今回はハミルトンが沈んでたので分かりませんが、
車はそれなりに良くなってきたのでしょうか?
アップデートを重ねて、常にトップ5を争える車に
仕上げてもらえれば王者争いも現実になりそう。

マッサは入賞争いしてたと思ったのに、
気付いたらまた15位に沈んでる…。

●フライングフィン、フライングゴクゴク。

ライコネンが3位表彰台。
復帰後初のシャンパンファイト前の、
フライングゴクゴクが無事に見られました。

無駄に引っ張ったピット作戦さえ無ければ、
トップ争いできていただけに勿体無い。
ライコネンのコース上放置プレイが、
ロータス名物になってる気がします。

グロージャン優先の作戦かと思ったら、
そのグロージャンもピットに入れられ。
怒りのファステストを記録しましたが、
2台とももっと早く入れていれば…。
予選の戦い方は良かったのに。

●自己ベストも…。

小林は自己ベストタイの5位。
ポイントもペレスに3ポイント差まで迫りました。
なんですが、ペレスの表彰台があっただけに、
我々日本人以外には多分印象が薄いと思う。

でも、バトンとロズベルグを抜いたのは見事でした。
解説でも触れていましたが、ロズベルグの時は
ブレーキングの上手さが出てて良かった。
車はウィリアムズに抜かれた感がありますが、
なんとか毎戦ポイントを取って頑張って欲しい。

●重症のレッドブル。

決勝では持ち直すかと思いきや、ベッテル6位、
ウェバー11位といまひとつ。
ウェバーは連続4位も途絶えてしまいました。

ムジェロのテストで持ち直してくるかと思いきや、
位置的には大して変わらず、重症ですね。
まあ、過去2年間が異常とも言えるんですが、

●ついてない。

5人目の勝者はハミルトンかと思いきや、
予選抹消やピットでの遅れもあり8位に。
マクラーレンらしくないピットが続いてますね。
こういう取りこぼしが、最終的に響きそう。

バトンは今回は、なんか全然でしたねぇ。
敏感なだけに、タイヤが合わないととことん
ダメな方向にいってしまうのでしょうか。
[ 2012/05/13 23:42 ] F1 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://patrickwolf.blog41.fc2.com/tb.php/240-2702ff39








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。