スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2012年F1モナコGP決勝

「ここはモナコ、モンテカルロ、絶対に抜けない」の通り、
コース上での追い抜きは非常に少なかったですが、
アクシデントが多くリタイアの多いレースとなりました。

また、雨の降る降る詐欺もあり、助かったチームと
失敗してしまったチームに分かれてしまいました。

●レッドブル

ウェバーはスタートで失敗せず、危なげない
レース運びで、開幕から6レースで
6人目の勝者になりました。
ポイントでもベッテルに並びました。
去年の不調は何だったんでしょうか。

ベッテルは雨の予報に助けられて4位を確保。
結果的には、昨日のQ3アボートが成功。
先頭に出た時の逃げは相変わらずでした。

●メルセデス

ロズベルグも危なげなく2位表彰台。
相変わらずタイヤには厳しそうですが。
最初のピットのアンダーカットは成功しませんでしたが、
他のドライバーの呼び水にはなりました。

シューミは、スタートすぐにグロージャンと接触、
最終的にはリタイアとなりました。
5グリッド降格がなければ、絡むことも無かったので、
残念ではありますが、次戦以降にも期待。

●フェラーリ

アロンソが3位表彰台、チャンピオンシップでも
単独トップに抜け出ました。
タイヤ温存しておいて、最初のストップで
ハミルトンをパスしたのには痺れました。

マッサも6位入賞で、ようやく結果が出ました。
次戦以降も維持できればいいのですが。

●マクラーレン

無線での出番は多かったですが、レースでの
印象にはあまり残っていないハミルトン。
7人目の勝者になる確率はかなり高いと思うのですが、
ちょっとマクラーレンの勢いが無いのが気になります。

バトンもコバライネンのドライビングスクールを
受講していると思ったらいつの間にかリタイア。
モナコだから仕方ないですが。

●フォースインディア

ザウバーが躓いた隙に、ディレスタ7位、
ヒュルケンベルグ8位と一気にコンストの
ポイントを稼いできました。
でも存在感はあまり無かった気がします。

●ザウバー

小林は最初のゴタゴタに巻き込まれてリタイア。
まあこんな時もあるでしょう。

ペレスはドタバタしてた印象。
怒りのファステストは相変わらず。

●それ以外のチーム

グロージャンはスタート直後に絡む傾向があるので、
速いのにリタイアでポイントが取れませんね。
もったいない。

セナが気付いたら10位入賞してました。
コンスト争いには貴重な1ポイント。

コバライネンが13位と、たぶんですが
新興3チームの中では今年最高の成績?
12位に踏みとどまるかと思いましたが残念でした。
[ 2012/05/27 23:39 ] F1 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://patrickwolf.blog41.fc2.com/tb.php/242-58ba2b42








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。