スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2012年F1インドGP決勝

今年も残りわずか数戦となってきて、
レッドブルの大復活によりベッテル3連覇の
道がはっきりと見えてきました。

アロンソはここにきて、グロージャンに撃墜されたり、
鈴鹿でのリタイアが大きくのしかかってきました。
もちろんベッテルにもシーズン中トラブルはありましたが。

残り3戦、ベッテルとアロンソの一騎打ち。
何があってもリタイアだけはできません。
最後までチャンピオン争いを楽しみたいですね。

●レッドブル
ベッテルがシンガポールから続く4連勝。
ベッテルに関しては、本当に去年のような強さが
戻ってきて手が付けられませんね。
3戦連続で全ラップリードというのは、ただただ凄い。

リブをこすった件で、何かある可能性もありますが、
失格扱いでアロンソ優勝というのは、
流石に興ざめするので何も無いことを願います。

ウェバーはKERSトラブルで順位を失い3位表彰台。
数字の上では、まだギリギリチャンピオンの
可能性は残っていますが無理でしょう。

●フェラーリ
アロンソが2位表彰台。
予選5位を考えれば、望みうる最上位でした。
最後の方でミスしたりして、少しヒヤッとしましたが、
なんとか持ちこたえました。

ベッテルに対して13ポイント差。
急にポンと0.5秒速くなるようなアップデートは
まず無理だと思いますし厳しいですね。
でも2007年のライコネンもありますし、
諦めずに頑張って欲しいです。

マッサは6位。
ここに来てマッサの復調は、マクラーレンとの
コンスト2位争いに役立っていますね。
来年もこの調子が続けば、なかなか面白そう。

●マクラーレン
ハミルトンが4位。
ウェバーに追いつけなかったのは残念でしたが、
最後まで楽しませてくれました。

ベッテルとは75ポイント差がつき、ゲームオーバー。
来季のメルセデスではチャンピオン争いは
どこまで出来るのでしょうか。
また2014年のエンジン変更なども楽しみ。

バトンが5位。
ハミルトンに抜かれた後は、あまり印象にないです。
途中何度かマゼンタなってて、最後もアロンソの
FLを塗り替えてマゼンタになったぐらい。
こちらもゲームオーバー。

●ロータス
ライコネンが7位入賞。
数字は忘れましたが、14戦ぐらい連続入賞。
優勝は無いもののチャンピオンシップ3位で、
まだギリギリで数字上の可能性は残しています。
ブランク明けでこの成績ですから、やっぱり凄いですね。

終始マッサの後ろで走っており、アンダーカットも
成功せず抜くことは出来ませんでした。
前半戦のロータスなら抜けていそうなので、
開発の遅れが痛かったですね。

グロージャンも9位入賞。
数々の接触さえなければ、コンストでマクラーレンを
抜いて2位争いをできていたかもしれないので、
もったいなかったですね。

●フォースインディア
ヒュルケンベルグが8位入賞。
最近ずっと調子が良いですし、結果も出していますね。
気付いたらポイントもディレスタを抜いていましたし、
ザウバー小林にもあと1ポイント差となりました。
1年のブランク明けでディレスタを倒したのは
なかなかの評価に繋がるのではないでしょうか。

ザウバー入りが噂されていますが。
ペレスの移籍発表以来、鈴鹿以外はパッとしない
小林に対してアピールを続けています。
どうなるでしょうか。

ディレスタは13位圏外。
こちらはあまり印象に残っていません。

●メルセデス
ロズベルグが10位入賞。
タイヤに厳しい車なので、ずるずる後退かと思いましたが、
なんとか持ちこたえました。

シューミはアクシデントの後、リタイア。
今年はなんかついていませんね。
引退まで残り3戦、最後にもう一度表彰台を
期待するのは難しいのでしょうか。

●ザウバー
代表のモニシャ・カルテンボーンの母国と有り、
ここで上位に入れば…なんて思いましたが、
小林14位、ペレスはリタイア。
小林もペレスも、ここ数戦は良くないですね。
もちろんチーム自体も。

コンスト争いでメルセデスを倒すのは、
流石にもう厳しくなりましたかね。
6位、7位あたりのダブル入賞が必要。
なんとか頑張って欲しいものです。
[ 2012/10/28 21:11 ] F1 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://patrickwolf.blog41.fc2.com/tb.php/254-504b96b2








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。