スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013年F1マレーシアGP決勝

予選は雨がらみでドタバタし、決勝も同様かと思いましたが、
スタート以外は振ることも無くほぼドライとなりました。

アロンソが1周目で消えてしまい、少し見所が減りましたが
色々なタイミングで色々なアクシデントなどがあり、
最初から最後まで動きのあるレースでした。

タイヤのたれに注目していましたが、最初に全車が
インターで出たため、実質の周回数が少なかったため、
あまりチーム毎の特色は無かったように思います。

- - - - - -

●レッドブル
ベッテルが優勝、ウェバーが2位表彰台。
チームとしては完勝でしたが、色々と問題がでました。

ベッテルの「ウェバー遅過ぎ、どかせよ」に始まり
クルージングしていたウェバーにベッテルが襲い掛かかり、
チームメイト同士のギリギリのバトルに。
狭い所に突っ込んでいったベッテルと、幅寄せは危険でしたが、
ちゃんと1台分は残したウェバー。

くるくるぱー2013が発動するかと思いましたが、
なんとかこらえましたね。
チーム首脳陣はくるくるぱーしたいでしょうが。
レース後の控え室では全く目をあわさず、ウェバーの
ボトルをドンと叩きつけるようにテーブルに置いたのが
今後も遺恨を残しそうな気がします…。

まあ、これもレッドブルとしてはチームオーダーは
出さないと以前に明言してしまったので、
直接的に言えないから起こっているのでしょうか。

【追記】
チームオーダーは出ていた模様。
「マルチ21」という暗号?
ベッテルはそれを無視したようです。

●メルセデス
ハミルトンが3位表彰台、ロズベルグが4位入賞。
といってもハミルトンは終盤は燃料不足による
燃費走行で、もしバトルしたらロズベルグが
あっさりと抜いていったでしょう。
こちらは明確なチームオーダーが出てポジションキープ。

ハミルトンが気まずそうな感じで、インタビューでも
「本当はニコがここにいる」的なことを言っていました。
まあメルセデスとしてもレッドブルのバトルを見ていますし、
万が一を考えるとあれで正解だったと思います。

ロズベルグレース後の無線で言った一言。
「Remember This One」
今年の流行になったりして。

最初のピットストップでのハミルトンマクラーレン事件は、
笑わせてもらいました。
まあデビューからずっとマクラーレンでしたからね…。
会社でも席のレイアウト変更をした後しばらくは、前の席に
戻ってしまいそうになる時があるので気持ちは分かります。

●フェラーリ
マッサが5位入賞。
2位スタートだったものの、アロンソに並ばれて抜かれ、
その後はアロンソのトラブルに若干引っかかったせいで
ポジションを落としたように見えて、かわいそうな感じでした。
あれがなければトップ争いできていたかも。

2戦目なのでまだどうこうではないですが、一応は
ポイントランキングでアロンソの前に立ちました。
去年のアメリカGPから予選でも連勝を続けていますし、
本当に復調してきた感じですね。
頑張って欲しいところです。

アロンソはスタートで2位にあがったものの、
それが災いしてベッテルのおしりにノーズを当て、
フロントウィングが外れかけの状態に。
1周はできたのでピットに戻れば良かったものの、
ステイアウトを選択した結果、2周目にウィングが
脱落してフロントタイヤで踏み破損コースアウト、
そのままリタイアとなりました。

かりにあのまま走り続けることができれば
インターからドライへの交換のタイミングで
ノーズも一緒に変えてロスは少なかったはずですが、
走行自体危険なので、そういうペナルティーも考慮して
さっさと交換しなかったのはチームのミス。
去年数ポイントの差でチャンピオンを逃しているだけに、
ここでの取りこぼしはもったいない…。

今回は上位争いが面白く途中は4台乱れての争いで。
ここにフェラーリの2台もいればもっと面白かったのにと
思わずにはいられませんでした。

●ロータス
グロージャンが6位、ライコネンが7位。
両者とも予選からの雨の影響を引きずってしまい、
終始ピリッとしない感じでした。

開幕戦で見せた驚異的なタイヤのもちも、今回は
インタースタートでドライでのラップ数が減ったため、
あまり分からず、映像には結構映っていましたが
あまり印象には残っていません。

●ザウバー
ヒュルケンベルグが8位入賞、グティエレスが12位。
こちらもあまり印象的ではありませんでした。
ヒュルケンベルグが決勝でなんとか奮闘している感じ。

ピットでの危険なリリースもありピット作業は
今年も悪いままやなぁと言う位。

●マクラーレン
ペレスが9位入賞、バトンはリタイア。
今年はマクラーレンがボロボロですねぇ。
バトンがようやくそれなりに戦えるようになったかと
思えばピット作業でのミスもありましたし。

ペレスはマクラーレン移籍発表以来、初めてのポイント。
でも旧所属のザウバーにもぶち抜かれ、複雑な感じかも。

●トロロッソ
ベルニュが10位入賞、リカルドがリタイア。
トロロッソも今年悪いですね。
両者ともまったく記憶に残っていません…。

●それ以外
フォースインディアは2台ともホイールのトラブル(?)で
ピットでむちゃくちゃ時間がかかったあげくリタイア。
チームの調子がいいだけに、これはもったいない。
普通に走れていれば、ダブル入賞できていたような。

ビアンキが13位。
予選も含めて、なかなか速そうな感じですね。
マルシャ自体も今年はウィリアムズあたり食えそうな…。

マルドナードも今年はキビシイですね。
車が乗りにくいのかコースアウトが多い。
ボッタスはなんだかんだで完走しているのに…。
[ 2013/03/24 20:08 ] F1 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://patrickwolf.blog41.fc2.com/tb.php/258-d5606446








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。