スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2014年F1第8戦オーストリアGP決勝

2003年以来の復活となったオーストリアGP。
私はその頃はまだほとんど見ていなかったので、
ほぼ初めて見るコースでした。

雰囲気もよく、グリッドガールの衣装が可愛い。
そしてコース自体もパッと見の印象とは裏腹に
高低差の関係でコーナーが難しいみたいで、
実力の試される良いコースのようですね。

ウェバーの表彰台インタビューも、見た目も声もよし、
昨年までいたので話もしやすく良いインタビューでした。
ベッテルかリカルドがいたらまた面白かったのですが。

表彰台がレッドブルのピットの上にありましたが、
レッドブル系列は決勝が散々で屈辱のGPに。
メルセデスのホテル予約を取り消すような、
嫌がらせをした因果か…。

- - - - - -

●メルセデス
ロズベルグが優勝、ハミルトンは2位表彰台。
予選ではウィリアムズにやられたものの、
決勝ではきっちりと取り返しました、流石です。
ブレーキには少し不安があるものの、それ以外は
今後も盤石でしょうか。
両者に同じ条件でフェアに争わせていて楽しい。

ロズベルグがスペインGPでハミルトンに4連敗したうえに、
今までWC争いの経験が無いということもあり、
このまま終わってしまうのかなという気もしたのですが。
思っていたよりも遥かに強いですね。
逆にハミルトンを精神的に揺さぶるぐらい。
予選後のインタビューで、モナコの仕返しとばかりに
チクリとハミルトンに言及していたのは面白かった。

ロズベルグの表彰台でのちんこいじりが事前に
ツイートされていたので、注目していたら
インタビュー中にいじっててそれも面白かった。

ハミルトンは1周目で4位に浮上したのが大きかった。
最後の3周で接近したのは見ものでしたが、
残念ながら抜けるほどには接近できず。
それでも2位でOKとせずに攻めたのは流石ハミルトン。

パルクフェルメからずっと両者は目を合さず。
ハミルトンは負けた悔しさもあるのか、インタビューが
終わると即座に帰って行ったのは印象的。

●ウィリアムズ
ボッタスが3位表彰台、マッサは4位入賞。
ボッタス初表彰台おめでとう!

正直な所、最近のウィリアムズは作戦やピット作業が悪く、
予選フロントロー独占でも優勝は無理だろうと思っていました。

ボッタス1回目のピットが2.1秒と最速だったものの、
作戦自体はメルセデスに対してカウンターもせず、
ただひたすら自分たちの作戦を遂行しただけ。
それはレース中ずっと続いていて、3位4位という
良い結果を手に入れたものの何もせずに負けた印象。

もちろん中団チームはトップチーム以上にポイントを積み重ねる事が
大事なのは分かっていますし、タイヤに不安があったのだと思います。
それでもチャレンジして欲しかったと思うのは贅沢でしょうか。

表彰台のボッタスはフィンランド人の伝統にのっとり(?)
シャンパンファイトの前に一口飲む技を披露。
そこにライコネンもいれば面白かったのですが。
1周目にロズベルグから順位を取り返したのも印象的。

マッサは全てがピットストップで決まったので、
この順位には不満があるでしょう。

●フェラーリ
アロンソが5位入賞、ライコネンは10位入賞。

アロンソは定位置の5位。
正直5位も厳しいと思っていたので、レース後の本人の
コメントにもありますが本当にベストだったと思います。
そしてアロンソがフェラーリ今年初のリードラップを記録。
といってもピットをのばしたおかげですが。

ライコネンはまだ乗れていない感が強い。
コンスト順位のためにも復調しないとまずい。
レース中の無線「バトン追いかけるから毎周0.2稼げ」
「だったらもっとパワーくれ」は面白かった。
「give me more power!」Tシャツでるかな?

●フォースインディア
ペレスが6位入賞、ヒュルケンベルグは9位入賞。

ペレスはザウバー時代から良くある「下位グリッドから
タイヤをもたせて気付いたら上位入賞」というレース。
引っ張ったタイヤでも遜色ないタイムで走ってました。
走りが荒めなので無視されがちですがタイヤの使い方は
かなり上手い方なのだと思います。

前回カナダでやらかしたところなので、ハミルトンと争う時は
すこしハラハラしましたが、結構大げさに避けてましたね。

ヒュルケンベルグは最後にリカルドに抜かれたとはいえ
頑張っていたのですが。
何度も書きますがペレスと比べると地味。
ポイント的にも現在完勝しているのに…。
フォースインディアは良いコンビだなと思います。

●マクラーレン
マグヌッセンが7位入賞、バトンは11位。

マクラーレンはあまり印象に残らず。
序盤のマグヌッセン教習所の渋滞ぐらい。
開幕戦が嘘のよう。

それでもルーキーで頑張ったマグヌッセン。
3戦連続で入賞もしていますし、今後も楽しみ。

●レッドブル
リカルドが8位入賞、ベッテルはリタイア。

ここではマシンにそれほど競争力が無かったものの、
最終周にヒュルケンベルグとバトルして抜いたリカルド。
サイドバイサイドのやりあいは見応えありました。
予選・決勝ともに本当に強い。
リタイア3台全部がレッドブル系列な中で頑張った。
ベッテルのトラブルで割りを食わなければ、
もう少し楽だったのでしょうか。

ベッテルはいきなりのトラブル、なんとか復帰したら
今度はグティエレスにオカマ掘ってフロントウィング破損。
踏んだり蹴ったりで、最後はPUセーブの為リタイア。
ウェバーがレースに来たらリタイアするジンクスがあるようで。

●その他
トロロッソのクビアトはレッドブル勢4人の中で今回一番
目立っていたのに、タイヤとサス破損からコースオフ、
そのままリタイアとなってしまいました。
ベルニュもブレーキトラブルでリタイアと、
チームにトラブルが多い。
レッドブル(のベッテル)にもトラブルが多いので、
何かPUに起因するのか、レッドブル系列の問題なのか。

ザウバーはグティエレスがアンセーフリリース(右リア外れ)で
次戦10グリッドダウン。
今年は10も下がる程の位置に予選でこれないので、あまり影響は無い?

他が忙しくて可夢偉はLTで少し追いかけていた程度。
ビアンキに対抗してタイヤをずっと引っ張っていましたが、
抜かれた時点で交換しても良かったような。
まあ結果に変わりは無かったでしょうが。
[ 2014/06/23 22:23 ] F1 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://patrickwolf.blog41.fc2.com/tb.php/274-7425b505








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。